合成の葉酸サプリメントに喘息の危険性?

合成の葉酸サプリメントを飲むと、お腹の赤ちゃんが喘息になる危険性が高まる...といった情報が存在することをご存知の方もいらっしゃるかと思います。ですがこれは本当に真実で、合成葉酸が原因で喘息が引き起こされたという報告がなされているものなのでしょうか。

 

現に、合成葉酸の過剰摂取で喘息のリスクが上がるというデータはあるようですが、ここで注目すべきなのは合成葉酸というワードではなく、過剰摂取によって引き起こされたものであるという点です。妊娠を希望する方や出産予定のある方は、出来るだけ早い段階で1日400μgの葉酸を摂取することが望ましいと厚生労働省からも推奨されています。

 

また葉酸に限らず、いくつかの栄養素には摂取上限が定められており、葉酸の場合は一日1000μg=1㎎の限度とされています。つまり、葉酸の摂取によってリスクが上昇するのはあくまで過剰摂取によるものであり、合成葉酸が悪いと言っている訳ではないというのが本当の所だったりするのです。

 

ですが、サプリメント会社はこの情報を故意に曲解もしくは省略することで、まるで合成葉酸そのものに喘息のリスクが高まるから危険ある...といった台詞を売り文句としてしまっているところがあります。正確には、合成葉酸は体内での吸収率が天然の葉酸よりも高いため過剰摂取の危険性が強く、もし継続的に過剰摂取と思われる1㎎前後の合成葉酸を特に妊娠後期に摂り続ければ、喘息のリスクを子供に負わせる危険性があります。

 

この事実を逆に捉えれば「合成葉酸は喘息のリスクを高めるから危険」と書かなければ、天然であることの優位性を示せないということになるような気もしてきます。