葉酸サプリの飲み方

葉酸サプリを摂取することで得られる効果として、妊娠前や初期から飲み始めることで胎児の先天性異常を予防したり、認知症や聴力障害、動脈硬化、貧血の予防、また皮膚や粘膜の機能を高める効果などもあります。

 

そんな葉酸サプリの効果を十分に発揮させるために、飲み方に注意しましょう。
サプリメントとはいえ、いつ飲んでも効果が同じというわけではないのです。

 

水溶性ビタミンである葉酸は、水に溶けやすいため食間などの空腹時に水やぬるま湯とともに服用すると、吸収率が高くなるのでおすすめです。

 

また特に効果的な飲み方として、寝ている間にその栄養素が成長ホルモンと一緒に効率的に体内で活動することができるため、就寝前に服用するのもいいでしょう。

 

ただし、胃腸の働きが低下していたり胃液の分泌量が少ない方が空腹時に飲んだ場合、サプリが溶けにくいため胃に負担がかかり胃痛や胃炎を引き起こす恐れがあります。

 

このような胃腸へのストレスは、妊娠中の方の場合は胎児への影響もあるため注意が必要です。
そのため葉酸サプリの服用は、胃の負担が少ない食後30分以内がおすすめです。

 

しかし、つわりが酷く食事が摂れない方は、やむを得ず空腹の状態でサプリを服用する日もあるはずです。
その時は、錠剤を砕いたり粉末状にして摂取することで、胃への負担を少なくすることができます。