葉酸の効果はやはり大きい

妊婦にとっては葉酸の効果はやはり大きいと思います。
中でも葉酸の効果で妊婦にとってすごく期待をしてしまうのが『神経管障害の予防』だと思います。

 

神経管障害には、無脳症のような代表例がありますが、なんとか生まれることが出来ても、短命で終わってしまうと言われています。
お腹の中で長い間育ててきた子が、産まれてもすぐに亡くなってしまう可能性があるというのは、すごく悲しい事だと思います。

 

母親にとっては、どんな子供であっても、やっぱり親よりも早く死ぬ姿は見たくないと思います。
障害児とは言っても、色々なタイプがありますからね。

 

無脳症のように、短命と指摘をされている病気もあれば、長くは生きられるけど、親の手助けなしでは生きられない子もいます。
一方、多少の障害はあっても、何でもほぼ自分で出来る人もいますからね。

 

障害の程度によって、子供の人生も親の人生もかなり変わってくるんだなって思いました。
今は経済的に厳しい親が増えており、生まれる前に検査をして、障害児だと分った場合は、支えるのが無理だと判断して中絶するケースもありますからね。

 

一生支える覚悟がなければ、障害児とは付き合えないと思います。
だからこそ、出生前の検査は、責任を持つという意味でも、大事なのかなって思いました。