オーガニックレーベルと色素

妊娠をすると乳首が黒くなります。
実はこの乳首が黒くなるのは、女性ホルモンの分泌量が増加するからだと考えられています。

 

女性ホルモンが増加するとメラニン色素の元となっているメラノサイトが刺激され、乳首のお肌の内部にあるメラニン色素が大量に生成されます。

 

肌の摩擦や日焼けといった時にも生成されるメラニン色素ですが、メラニン色素はお肌の防御反応です。
そして乳首の皮膚を丈夫にすることで、赤ちゃんに授乳をする準備を開始しているということでもあるのです。

 

この女性ホルモンの分泌量というのは出産後に低減していきます。
そして乳首の黒ずみは少しずつ薄れていき元通りの色に戻るのです。

 

妊娠中の乳首ケアによって色素沈着を軽減することもできます。
メラニン色素の生成は出産後における授乳の準備のためですが、黒ずみを放置したままにすると、色素沈着が進んで出産後にも乳首の黒ずみが薄まらなくなって、残りやすくなるのです。

 

綺麗な色を取り戻すためにも、妊娠中におけるバストトップケアはしっかりと行いましょう。

 

色素沈着を抑えるクリームなどもありますので試してみてはどうでしょうか。
オーガニックレーベルの葉酸を摂取するのも大切ですが、このようなクリームを使用するのも忘れないでください。